DICTIONARY用語辞典

【ZEV規制】

ぜぶきせい

ZEVとは「Zero Emission Vehicle」の略称。排出ガスを一切出さない電気自動車や燃料電池車を指します。世界的に影響力の強いアメリカ・カリフォルニア州のZEV規制は、州内で一定台数以上自動車を販売するメーカーは、その販売台数の一定比率をZEVにしなければならないと定めています。現在、BMWにはこのZEV規制は義務付けられていませんが、2018年モデルからBMWも適用されることに。こうした時代背景もあって、持続可能なモビリティ、「BMW i 」が誕生しました。

PAGE TOP

【電気モーター】

でんきもーたー

電気エネルギーを力学的エネルギーに変換する電力機器、原動機の総称。BMW i3に搭載する電気モーターは、最大出力125kW、最大トルク250Nmとハイスコア。電気モーターの特性は前述したようにゼロ回転から最大トルクを発生できることにあり、発進時から力強さをみせることができます。さらに高速道路でのドライビングもとても伸びやかで気持ちよいです!

PAGE TOP

【太陽光発電】

たいようこうはつでん

太陽電池と呼ばれる装置をつかって、太陽光エネルギーを直接電気に変換する発電システムです。
基本的に自宅で太陽光発電した電力は、電力会社が買い取る仕組みになっていますが(家に蓄電池がない場合)、太陽光発電を家に設置している BMW i3オーナーは、自分で電気をつくって、その電気で BMW i3を走らせてる感覚を持っています。つまり、電力会社の蓄電池を大きなグリッドと捉えているのです。家でも移動でもクリーンエネルギーライフを楽しむ方がさらに増えていけば素敵ですね。

PAGE TOP

【電欠】

でんけつ

電気自動車(EV)の電池残量が空になること。ガソリン車でいうとことろの「ガス欠」と同じです。BMW i3では残距離が10kmを切るとメモリバー表示が黄色に変わります。航続距離表示では最後の1kmまで表示されます。電欠については心配される方も多いかと思いますが、EVの充電インフラ整備のが進んだり、またバッテリーの技術開発など日々電欠への不安は減りつつあります。
もし電欠したら…。まず焦らずにレッカー移動を第一に考えることですね。JAFでも任意保険のロードサービスでもOKです。近くの急速充電の設置場所まで運んでもらいましょう。その時の注意点ですが、電欠で待機中はイグニッションをOFFにしておくこと。補器バッテリーまで上がると電動パワステが回らなくなり、また電磁パーキングも解除できなくなり大変な思いをするはめになります。

PAGE TOP

【電費】

でんぴ

単位電力あたり何km走行できるかというもので、ガソリン車の“燃費”にあたるものです。燃費は走環境によって変動します。たとえば雨の日は転がり抵抗が増えるので電費が悪いです。向かい風でも電費は落ちます。多少の雨なら影響は微々ですが、大雨になると約10~20%電費が落ちます。雪道も同様で、寒さも相まってヒーターを入れると電費5km/kw以下の時もあったり注意が必要かと。しかし、BMW i3の電費は巧く乗れば10km/kwは行く可能性がありますし、普通に乗っても8km/kwくらいはいけますよ。駆け抜ける喜びはBMWのコンセプトですが、BMW iは省エネを楽しむのも一興です。電費良く走るのはインテリジェンスな楽しみ方ですね。

PAGE TOP

【CHAdeMO(チャデモ)】

ちゃでも

日本発の電気自動車(EV)用急速充電方式の共通規格。進むためのチャージ(Charge de move)の略称の他、充電中に「茶でもいかが?」という意味もあります。バッテリーに直流で給電を行うことで、安全かつ効率のよい電圧と電流での充電が可能です。ちなみに欧米の自動車メーカーでは、日本とは違うコンボ方式を推進しています。日本仕様のBMW i3では、本国とは異なるCHAdeMO方式に変更しています。

PAGE TOP

【ゼロ・エミッション】

ぜろ・えみっしょん

自然界に対する排出(emission)をゼロにしようとする社会システムのことをいいます。1994年に国連大学が提唱しました。ゼロ・エミッションを体現したBMW i3にはドライビングでのメリットがあります。なにより実感することは、クルマが驚くほど静かになったこと。おかげで車窓から四季の風景や匂いまでもが感じられるようになりました。

PAGE TOP

【次世代バッテリー】

じせだいばってりー

従来のリチウムイオンバッテリーを超える、パワフル&効率的なバッテリーテクノロジーのことを表します。もし化学的安定性、耐久性、サイクル特性の問題が解決すれば、電気自動車(EV)は飛躍的な走行距離を誇るようになるでしょう。しかし、次世代のバッテリーの開発・報道はたくさんされていますが、いまだに実用レベル、商品化されたものは登場していません。期待が高いだけに、大量市販レベルの商品化を急いで欲しいものですね。

PAGE TOP